富山日帰りツアー 北口編

駅でお土産をあれこれ買った後、地下道を抜けて、駅の北口へ。

こちら側は、南口に比べると静かな印象ですが、富岩運河という川沿いが公園になっていて、とても綺麗です。まるで外国の街を散歩しているみたい。
c0360595_16265141.jpg
そこに、世界一美しいスターバックスに選ばれたことがあるスタバがあるというので、早速行ってみました。
c0360595_16272052.jpg
建物も素敵だし、席からの見晴らしもいい。日差しがあたたかだったので、外のテラス席でのんびりしました。いいわ~!夕暮れの時間なども、きっと綺麗なんだろうなあ~!
c0360595_16272888.jpg
店を出て、しばらく歩いて振り返ると、スタバの後ろに立山連峰が!荘厳です。こういうお山を毎日見て暮らすのって、どういう気持ちなんだろう…。自然と厳かな気持ちになりそう。それとも慣れて何とも思わなくなってしまうのだろうか。
c0360595_16275914.jpg
さらにてくてく歩いて、富山県美術館へ。ここは現代美術の美術館で、なかなか楽しかったです。ひろびろとして眺めもよくて、建物もすごーく素敵でした。
c0360595_16285362.jpg
特別展の「ワールド工芸展100選」展もとても良かった。伝統工芸と新しいものを組み合わせたものって、どうして素敵なんだろう…。現代の素材をつかって伝統的なものをつくるのって、すごく面白い。昔の時代に、未来人がタイムトリップして作ったように見えるからかな。そう考えると、なんだかSFチック。ともかく、この展覧会、見ごたえがあってわたしはすごく好きでした、おすすめ!

そうこうしているうちに、コンサートの時間になったので、駅前まで戻り、素晴らしすぎるライブを全身全霊で味わったあと、ダッシュで新幹線ホームへ!無事に9時20分発の東京行き最終の北陸新幹線かがやきに乗って、帰宅しました。

朝買っておいた、ますのすし!気迫のこもったエレカシのコンサートに感激したので、自分もストイックになろう!とお酒は我慢しようと思ったのに、ひと口食べた途端に、これでお酒合わせないなんて一生後悔するわ!とあっさり日本酒を開栓…意志の弱いわたくし。
c0360595_16301205.jpg
誘惑に負けた図。
c0360595_16302397.jpg
富山、美術館は素晴らしいし、食べものもおいしいし、路面電車があって街中の移動もしやすいし、日帰りでも楽しめました。また行きたい!

おまけ:街で見つけたかわいい看板。店名もいい!プー横丁…かわいすぎるよ…113.png162.png
c0360595_16323587.jpg

[PR]
# by yuko_369 | 2017-12-13 19:09 | | Comments(0)

富山日帰りツアー 南口編

エレカシのコンサートのために日帰りで行った富山ですが、観光もいろいろできました。

朝いちの飛行機で飛んだので、9時前には富山に到着~。空港から市街地までは、バスで30分くらい。

まず、帰りの新幹線でおなかが空いてはいけないので、名物ますのすしをゲット。(着くなり帰りの食糧の調達とは、我ながらなんという食い意地…105.png103.png)この大多屋さんは、無添加のますのすしを作っています。
c0360595_16154464.jpg
半月型のハーフサイズもあるので、ひとり用とか、ちょっと小腹が空いたとき用にぴったり!わたしは前日に電話してお取り置きしてもらいました。この日は朝10時前にとりに行ったら、当日分はもう売り切れていたので、予約したほうがいいですね~。

そして、路面電車に乗って、富山ガラス美術館へ。ここがもう本当に素晴らしかったです。きらきらしたガラスの作品がたくさん…。ガラスって、気泡の入り具合とかでいろいろな表情になるんですね。じーっと見てると、どこからか音が聞こえてきそうな…。思った以上にうっとりして、しばし眺めていました。

最上階のグラスアート・ガーデンには、デイル・チフーリ氏(現代ガラス美術の巨匠だそうです!)の色鮮やかな大きな作品がいくつもあって、幻想的でまるで夢の世界みたいでした。
c0360595_16164280.jpg
c0360595_16165472.jpg
c0360595_16172529.jpg
ガラス美術館、建築も素敵でした。市の図書館と一緒になっているのだけど、明るくて美しくて、こんな公共の図書館があるなんて、富山の人がうらやましい!
c0360595_16175442.jpg
その後は、歩いて5分くらいのところにあるお寿司屋さん「つか田」でランチ。実はわたし、回っていないお寿司を食べるのが初めて…(しかも、回ってるお寿司でさえ20年くらい食べてない)そんな超寿司ビギナーにも関わらず、ひとりでカウンターのお寿司屋さんに入るという、大きなチャレンジをしてみました。予約の電話をかけるのに、3日くらい迷ったくらい、行く前はとても緊張していたのですが、行ってみたら、ひとりでも入りやすい雰囲気だし、お店の方も親切で、もちろんお寿司はとてもおいしくて、大満足でした~!
c0360595_16193363.jpg
ちなみに大将にお伺いしたのですが、富山はとても水の良い土地だそうです。山から海への距離が短く、川が急なので、軟水なんだそう。(長くゆったりした川だと、その分土などの成分が水に入って、硬水になる。)そのせいで、富山は日本一女性のお肌が美しい土地だとか。お水もいいし、おいしいお米も取れるし、お魚もおいしいし、いいところだな~、富山!

満たされたところで、また路面電車に乗って富山駅へ。北陸新幹線開通のせいか、富山の駅ビルはきれいで、お土産屋さんがたくさんあって、目移りしまくり…。

こんな日本酒の立ち飲みマシーンがあったので、1つトライしてみました。おいしかった!飲んでいたら、地元のご婦人(お年寄りでしたが、むちゃくちゃ色白できめの細かい美肌の持ち主でした。さすが富山!!)が話しかけて来てくれたりして、なんだか嬉しかったです。
c0360595_16195913.jpg
ここまでが、駅の南口。北口編に続く。
[PR]
# by yuko_369 | 2017-12-13 18:46 | | Comments(0)

47都道府県ツアーファイナル!エレカシ富山公演

エレファントカシマシ、デビュー30周年記念の47都道府県ツアーのファイナル地である富山県のコンサートに行ってきました!
c0360595_19595830.jpg
いや~、もう、ほんとうに、ほんとうに、感動しました。

実はチケットを発券したときに5階席だったので「5階席~!?なんじゃそりゃ、見えるのか?」と思って、わざわざ東京から行くのどうしようかな…と一瞬迷いが生じたのですが、あの時行くのをあきらめないで、ほんとうに良かったです。

わたしは今回のツアーは、大阪、山梨、宮崎と行って、どこもものすごく盛り上がって圧倒されたのですが、富山はまたファイナルだけあって、なんかもう開演前から空気がむわーっと熱く盛り上がって、針でつつくとぱちんとはじけてしまいそうな、みっちり感でした。

メンバーの皆さんがステージに登場して、1曲めが始まったとたんに、背筋がぞわーっとして鳥肌がたって「おおおおお!」と体の芯から力が湧いてくるような感じになってびっくりしたのですが、なんだかもう、それくらい一種独特の気合と迫力に満ちた空間だったんじゃないかと思います。

何曲目だか忘れてしまったけど、名曲(名曲ばっかりですけど)「悲しみの果て」で、宮本さんが感極まって泣いてしまって、歌が歌えなくなってしまった時に、観客がみんなで続きを大合唱したときには、またもやゾクゾクして、思わずもらい泣きをしてしまいました。
ちょうど、少し前にエレカシのドキュメンタリー映画で、レコード会社との契約が切れているときに「悲しみの果て」を小さなライブハウスで演奏している映像を観ていたので、あのときから、こんなにきらきらしたホールで大勢の人の前で同じ曲を演奏し、同じ歌を歌っているエレカシ、宮本さんの気持ちを想像したら、まだエレカシを好きになって間もない自分でさえも、ぐっとくるものがありました。

名曲のひとつ、悲しみの果て。

5階からだと、下の階のお客さんが盛り上がっている様子もよく見えて、なんだかもう、ステージの上のエレカシと、エレカシを大好きな観客と、みんな一体になってこの最高の時間を作っているんだなあ~と幸せ感で胸がいっぱいになってしまいました。

ああ、ほんとうに素晴らしい時間だった、行って良かった~!!大げさだけど、こういう感動を体験できたときに、ほんとうにこの世に生まれてこれてラッキーだなあと思います。生きている醍醐味…。なんだかもう、あのコンサートのことを思い出すだけで、周りのすべてがキラキラして見えるんですよね173.png

1月の新春ライブはチケットが取れなかったので、次は3月のさいたまスーパーアリーナ…。3月、遠いなあ…1月、行きたいなあ。このブログに書くと、実現することが多いような気がするので、ここに書いておこう…。

なにかうまい具合にことが運んで、東京のエレカシ新春コンサートのチケットが手に入りますように!

余談ですが、コンサート前、富山県美術館に行ったところ!
この日に多数富山県に押し寄せていただろうエレカシファンなら、必ずやご利用したかっただろう遊具を発見!その名も「ふわふわ」103.pngしかし残念ながら、この日はご利用頂けず…145.png
c0360595_20005883.jpg
c0360595_20010598.jpg

およそ30年前のエレファントカシマシさん、ふわふわ。


むちゃくちゃ面白い、グループ魂のカバーバージョン103.png


[PR]
# by yuko_369 | 2017-12-11 20:09 | エレファントカシマシ | Comments(0)

芯からあったまる幸せマッサージ…

すっかり寒くなりました…。

わたしは寒いのが苦手なので、もうほんと最近はもうダメです…。冬眠したい…。

そんな寒いのが苦手な人に、超絶おすすめなのが、ハイドロサームマッサージ

ハイドロサームマッサージとは、あたたかいお湯のはいったパックのうえに仰向けになって施術してもらう、オイルマッサージです。

まずですね、もう、このあったかいお湯のはいったパックのうえに寝っころがるだけで、ほおおおおおお〜〜〜!とため息が出るくらい、気持ちがいいです。あったか〜〜〜〜〜〜い113.png162.pngという言葉しか出ません…。(もっと幸せな「あったかい」を表す言葉があったらいいのに…あったかいの最上級の活用形みたいなのがもしもあったら(あったかer、あったかestみたいな?)、それがぴったりの表現。)

そんな、ただでさえ気持ちいいベッドに寝転がった挙句に、足から背中から肩から頭まで、丁寧にマッサージしてほぐしてもらえるので、もう、ほんとうに最高です。仰向けで施術を受けるので、セラピストさんの指が、自分の体重のおかげでツボにぐっと入って、効くんですよ〜。

しかも、デフォルトで空気が乾燥しているうえに、暖房でドライ度さらに倍!みたいなこの季節、たっぷりのオイルでマッサージしてもらうと、お肌もつやつやに!肩と首のこりが緩和されるせいか、目もよく見えるようになる気がするし、最後にやってもらえるヘッドマッサージのあとは、なんだか顔もすっきりくっきりはっきりします173.pngそして、ただマッサージを受けているだけなのに、驚くほど汗が出て、体が芯からあたたまります。帰り道も、しばらく体がぽかぽかぽかぽかあったかくて、全身がかる〜い!心もかる〜い!

つまり、冷え&乾燥という、女性にとってたいへんに厳しい今のこの季節にぴったりなマッサージだな〜〜〜と、思うわけです。(あっ、夏だって、冷房の冷え&乾燥があるから、同じかも!つまり、どの季節だっていいわけですが、とりわけ寒さが身にしみるこの季節に受けてみると、ありがたく思うはずです。)

ああ、書いていたら、また受けたくなってきた…。こんな気持ちのよいハイドロサームマッサージは、恵比寿のアイル恵比寿というサロンで受けられます!(メニュー等くわしい情報は、こちらをご覧ください→アイル恵比寿 あいのブログ

このブログを書いているセラピストのあいちゃんとは、のりこさんの多次元キネシオロジーの初級講座のクラスメイトで出会ったのですが、とても真面目に熱心に、真摯にマッサージに取り組んでいる、きさくでとても優しいセラピストさんです。安心して受けられます!

というわけで、この気持ち良さ、ぜひたくさんの人に体験してみてほしいです。おすすめ。

[PR]
# by yuko_369 | 2017-12-08 21:36 | ヒーリング | Comments(0)

ダウントン・アビー

世界中で大人気だったらしいイギリスのドラマ「ダウントン・アビー」に今さらはまっておりました。

夜な夜な「もう一話、もう一話…(だいたいいつも、ものすごくいいところで終わるんです!)」と見続け、やっと先日、ファイナルシーズンの最終エピソードを観終わった!

週末など、一日に7話ぶんも連続してみた日もあったなあ…。平日も、帰宅後ごはんをさっとすませて1話みて、お風呂で1話か2話みて、さらに寝る前にベッドにパソコン持ち込んで1話みて、というふうにアーユルヴェーダ的にはドーシャが乱れまくりそうな生活をのべ2週間あまりは送りましたでしょうか105.png

そんなわけで、パソコンの画面の中で繰り広げられる壮大なドラマを自分はただ見ていただけなのに、なぜかやり遂げた感でいっぱい103.png

いや~ほんとうにおもしろかった。豪華な衣装や城は見ごたえがあるし、あっちこっちで同時に違うストーリが展開していくから目が離せないし、何より登場人物がみんな個性的で魅力的。どうでもいい人物、というのがほとんど出てこない。人と人とが関わる様子、というのを興味深く観察していました。

登場人物どうしが、わたしからしたら信じられないくらいのおせっかいを焼いたりするんですが、それがあったかくて胸がじーんとしたり。またはその逆で、信じられないくらいの仕返しをしたりとか149.png

人と関わるのは面倒くさいとか、問題が起きないように事なかれ主義でいこうとか、そんな安定志向とは無縁の人々が織りなす、とにかく濃い人間ドラマでした。自分の人付きあいの淡白さがちょっと寂しく感じたり。傷つけあうことを恐れずに真っ向からぶつかり合う姿が、うらやましいような怖いような…人と接することのシミュレーションという観点から見ても、すごく面白かったです。

それはさておき、いろいろなものをほっぽらかして何かに夢中になるという楽しさを存分に満喫したので、今はアーユルヴェーダ的にドーシャを整えるような規則正しい生活を送りたくてたまらない。甘いものを食べたあとはしょっぱいものが食べたくなるみたいなものでしょうかね129.png
c0360595_17024860.jpg

[PR]
# by yuko_369 | 2017-11-08 17:44 | 観た・聴いた | Comments(0)


日々の記録


by Yuko

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
ヒーリング
地味弁ドリクス
日々のできごと・つぶやき
食べた
観た・聴いた
読んだ

本日の幸せレポート
Calligraphy
エレファントカシマシ
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月

最新のコメント

> Aちゃん って、の..
by yuko_369 at 19:50
その方はYukoちゃんの..
by A at 21:36
あら!みきこちゃん!この..
by yuko_369 at 10:57
ゆうこりん! 私もすご..
by みきこ at 14:57
きょうこちゃーん、どうも..
by yuko_369 at 16:27
ゆうこちゃん、わたしでよ..
by きょうこ at 16:50

最新の記事

富山日帰りツアー 北口編
at 2017-12-13 19:09
富山日帰りツアー 南口編
at 2017-12-13 18:46
47都道府県ツアーファイナル..
at 2017-12-11 20:09
芯からあったまる幸せマッサージ…
at 2017-12-08 21:36
ダウントン・アビー
at 2017-11-08 17:44

記事ランキング